創作腕時計作家 吉村恒保

グラフィックデザイナーからウオッチクリエーターへと転身した、私、創作腕時計作家の吉村恒保が、お客様のご要望をおうかがいして、お客様だけの腕時計をご予算に合わせてセミオーダーからフルオーダーまで、いつまでも大切にしていただけるように精一杯の情熱を込めて制作いたします。

創作腕時計作家:吉村恒保

 プロフィール/活動履歴

■1962年

兵庫県芦屋市生まれ

■1986年

京都精華大学デザイン学部デザイン科卒業。広告プロダクションにデザイナーとして勤務。10年後独立し、フリーデザイナーとなる。
趣味で始めた時計作りに少しずつ没頭するようになる。

■2001年10月

東京都武蔵野市境のギャラリーにて初個展を開催。作家活動を開始する。

■2002年4月〜2003年

自身二回目となるギャラリー遊での「創作腕時計展」で沢山の賞賛を受け、数々のオファーを受けることを軌に拠点を東京へ移し、作家活動を本格化する。 都内ギャラリーにて個展開催 多数。百貨店の催事・イベントに多数参加。

■2006年11月

海外初イベント イタリアミラノのギャラリー、アルテジャポーネにて「日本人アーティスト3人展」を主催・開催。自分の制作発表の企画展としてグループ展や作家展など主催・開催を始める。趣味で始めた時計作りに少しずつ没頭するようになる。

■2007年

アサヒ現代クラフト展に入選。

■2007年7月

拠点を大阪に戻し、大阪高島屋1階フローラ&ファウニの経営に加わる。創作腕時計ブランド“Lama zion”旗揚げ。

■2008年10月

神戸御影に工房兼教室「神戸創作腕時計教室」を設立。

■2011年6月

次期店舗開業準備のため、大阪高島屋1階フローラ&ファウニ閉店

■2012年6月

株式会社ラマシオン(Lamazion Co., Ltd.)設立。

■2012年10月

阪急百貨店うめだ本店10階うめだスーク北街区にラマシオン直営店“GALERIE le ton du temps”をオープン。

■2016年10月

神戸市の工房1階にラマシオン直営店“GALERIE le ton du temps”をオープン。