*

「こんなの使ってるのですか?」とよく言われます…時計作家の前は「カッターの魔術師」

オーダーメイド, カスタム, 日記, 道具

先日納品させていただいた腕時計です。
オーダーメイドでご注文いただいたのですが、

「ケースのデザインはこれ」
「文字盤は数字を入れて、あとダイヤモンドが3個あるので使えたら使ってください」
「ベルトはプクッとしたやつ!」

以上3つの注文であとはお任せ。
で、出来上がった時計がこの時計です。

K.R様-オーダーメイド1w

実はこの時計のベルト、ケースにあわせてデザインしたオリジナルなのですが、ステンレス製のバネ棒で時計本体に付いているので交換可能だし、Dバックルを取り付けることも可能なこだわりの革ベルトなのです。

最近は忙しくなってしまってあんまりお受けしないのですが、以前はベルトだけのオーダーも作っておりました。とくに市販されていないサイズのものや独特な取り付け方法のもの等、お客様が困っていると「なんとかしてあげなくっちゃ!」と思って受けてしまいますね… 。

オリジナルベルトのオーダー
オリジナルベルトのオーダーw

こちらの写真の時計はベルトだけお作りしました。
お客様がとっても気に入っていてまだまだ使いたいという時計なのですが、なんとベルト幅が26ミリ! ふつうはメーカーさんで扱っていそうなものですが、もう作っていないとのこと。

「じゃ~、作りましょう。」そして必ず付け加える言葉があります。

「けれど独学なので作風はこんな感じですがよろしいですか?」と。

べつに自信が無いわけではないのですが、たまに実演などで作業風景をみたお客様に言われます。

「えっ? こんなの使ってるのですか?」
DSC_000001

すこし照れくさいけれど、「はいっ!グラフィックデザイナーの時から・・・いやもっと前、美大受験のデッサンの鉛筆を削るときから使っているので、いちばん使いやすいのです」…と、正直に言うようにしてるのです。

そう・・・時計作家の前、ぼくは「カッターの魔術師」といわれていたのでした。。。

関連記事

「時計作りは誰に習ったのですか?」と よく聞かれますが…

15年ほど前になりますが… 最初の最初はただただ、カタチが出来て動けばいいというレベルで時… 記事を読む

阪急うめだの”マイ カスタマイズ フェア”に参加しています。

Lamazion 直営店である阪急うめだ10階の”GALERIE le ton du te… 記事を読む

お客様と打ち合わせしているうちに、こんなふうに変身しました。オーダーメイドならではですね。

そのお客様に気に入っていただいたのは、じつはこの時計でした。 Lamazion の代表… 記事を読む

なつかしい写真・・・初期に作った置き時計

昔の写真が思いがけないところから出てくると、ついじっと見てしまいます。 突然、なんの前触れ… 記事を読む

オリジナルワンオフの革ベルトはハズせませんね。

外せないベルトを作っている訳ではありませんよ。 ハンドメイドウオッチの、ひとつづくりの… 記事を読む

唯一無二!天然石の文字盤…制作編

作業中にもかかわらず、石目が綺麗すぎて見とれてしまいます。 天の恵み、自然の創作…天然石って… 記事を読む

新作が出来上がるとテンションも上がります!さぁ、どんな方の人生を刻みだすのでしょうか・・・

まずはスケルトンの ” UOVO -ZODIAX” ゴールドのチラ見せスケルトン自動巻… 記事を読む

“UOVO” の意味は「卵」・・・卵って栄養の塊なんですよね

”UOVO” でのオーダーが増えているのですが それぞれにオルジナリティが加えられておりま… 記事を読む

待ちに待ったラマシオンのサイトがついに時を刻み始めました!

こんにちは、創作腕時計作家の吉村恒保です。 待ちに待ったラマシオンのブログサイトがついに時を… 記事を読む

10年の時を経て、新しく生まれたレディースウオッチは・・・!? ~その1~

ある日お客様の目に留まった、お店のポスターの時計です。 このとってもお気に入りの時計は… 記事を読む

PAGE TOP ↑