*

「時計作りは誰に習ったのですか?」と よく聞かれますが…

作品, 日記

15年ほど前になりますが…

最初の最初はただただ、カタチが出来て動けばいいというレベルで時計を作っていました。作るのが精いっぱい。

で、実際自分で作ったものを自分で普段使いしてみると、不都合なことがたくさんたくさん起こりました。

すぐに止まる、遅れる。
ひっかかる。
着け外し難い。
雨の日曇る。
ベルトがすぐにダメに。
ケースが錆びる。
etc… etc…

これでは趣味で作っているレベル。
だれもがお金払ってまで欲しくはないでしょう。

完成度を上げていかないと腕時計作家にはなれません。

でもだれも教えてくれません… というか、そんなことしてる人がいませんでした。

なので、当時はさまざまな作り方を自分で考えてやってみて改善していく。

そうやってすこしづつ、いい時計が作れるように努力していました。

それを信じて続けているときに

安藤秀房氏に出会いました。

安藤秀房氏photo

安藤さんは長年にわたり、時計ケースを制作する会社をご兄弟で経営されていました。

業界で安藤さんご兄弟の会社を知らない人はいませんでした。
国内ブランドはもちろん、いくつものスイス高級ブランド時計のケースも制作されていました。

その確かな品質の製品を見せてもらうと、私の作ったものは「いい時計」ではありませんでした。

すぐに惚れ込んでしまい、その技術や経験を伝承してほしいと心底思いました。

そして私の師匠になってもらいました。

そこから時計の作り方が大きく進化しました。

で、最初に師匠と制作した時計がこの ”リングウオッチシリーズ”です。
(*写真の時計は最近作ったものです)

ring watch

ring watch パーツ
 
サファイアガラス直径12ミリのこの時計は防水機能はもちろん、SEIKOの直径9ミリ最小ムーブメントを搭載しました。

徐々に完成度も上がり、現在の “ Lamazion “ 立ち上げに繋がりました。

けれどまだまだ半人前なので、師匠からはもっともっといろんなことを吸収して成長したいと思っております。

時計作りは奥深いのです。

関連記事

お客様と打ち合わせしているうちに、こんなふうに変身しました。オーダーメイドならではですね。

そのお客様に気に入っていただいたのは、じつはこの時計でした。 Lamazion の代表… 記事を読む

オリジナルワンオフの革ベルトはハズせませんね。

外せないベルトを作っている訳ではありませんよ。 ハンドメイドウオッチの、ひとつづくりの… 記事を読む

“UOVO” の意味は「卵」・・・卵って栄養の塊なんですよね

”UOVO” でのオーダーが増えているのですが それぞれにオルジナリティが加えられておりま… 記事を読む

~原点回帰~ Lamazionはギャラリーから始まったブランドです。

  とってもひさしぶりのギャラリーでの個展。 今はふだんは百貨店での販売なのですが、始めて… 記事を読む

” 天然石+Watch ” という可能性。天体をイメージして誕生した ” Lamazion-Zodiax Watchシリーズ ” 大好評いただいています!

1日から開催している「ラマシオン・コラボレーションウォッチ展」は、早くも真ん中日を迎えてい… 記事を読む

UOVO”zodiax”、次回作もご期待ください!

両スケルトンモデルの最新作ですが、完成とほぼ同時に完売という(・・・3本だけですが・・・) … 記事を読む

阪急うめだの”マイ カスタマイズ フェア”に参加しています。

Lamazion 直営店である阪急うめだ10階の”GALERIE le ton du te… 記事を読む

ひとつひとつにこだわりを持って制作を進めております。

オーダーメイドお待たせしてしまっていますが、こだわりを持って進めております。 今回は初ての「… 記事を読む

二十歳の誕生日プレゼントにお作りしました。 ~オーダーメイドの腕時計~

”時計を贈る”・・・それだけで意味があることに。 「時間を大切にね。」 「これから同じ… 記事を読む

「こんなの使ってるのですか?」とよく言われます…時計作家の前は「カッターの魔術師」

先日納品させていただいた腕時計です。 オーダーメイドでご注文いただいたのですが、 「ケース… 記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑